金曜日に幼稚園から持ち帰った真っ赤な包み

息子がそっと開くと、星形にカットされた真っ赤なりんご
今年もミカエル祭のりんごをいただきました。


悪の象徴、竜を制した大天使ミカエル
ナイフ(剣で)で制したいのちの象徴りんご


秋分の日前後、

こどもたちは園で大天使ミカエルの歌を歌ったり、
悪をやっつける物語をきいたりして、

勇気ある人物のイメージを自分のなかに取り入れていくそうです。

そして毎年りんごの時季になると、この包みを持ち帰るのです。

いのちの象徴である、このりんごを、翌朝お父さんも一緒にいただきました。


在園保護者H.W