火曜日はスープ給食の日で、この日は「お散歩の日」でもあります。

おやつの後、二人づつ手を繋いで2時間程、かなりの距離を歩きます。
一度、お散歩に同行させてもらったことがあるのですが、先生が軽やかな足取りで弾むように、とても楽しそうに歩かれるのが印象的でした。

こども達も道すがら、どんぐりや葉っぱや道端の花を見つけては拾い集めたり、畑仕事をしている人にあいさつしたりと好奇心いっぱいに、歩くことを楽しんでいます。

園の周辺は、比較的緑も多く、車通りの少ない歩きやすい道を選べて散歩のコースも色々あります。

カモのいる川沿いの遊歩道
いちょうの並木道
近所に住む私も知らなかった林の道は、丁度よい木陰で夏の日差しから守ってくれます。
雨の日にはレインコートを着て、一年の四季を全身で味わいます。
たっぷり歩いたあとは、美味しいスープが待っています。

年長のこども達にとってはあと何回、みんなと一緒に歩けるでしょうか…
三年間、たくさん歩いたね!

在園保護者 横田千佳子