朝、台所で作業をしていると、娘がやってきて
「何作ってるの?」と聞いてきたので
「おやきだよ」と、答えました。

正確には、「小さなお好み焼き」と言うべきかもしれません。
でも、わが家では、おやきと呼んでいます。
材料が何もないな、という時の定番です。

今日はキャベツとネギの青い部分を入れました。
その他にも、ちくわを入れたり、ワカメを入れたり、
しらすを入れたりします。

とにかく、あるものを入れてしまってOKですが、
キャベツだけ、というのもアリです◎

冷蔵庫に何もない、という時の味方!
//キャベツのおやき//
キャベツ
その他冷蔵庫にあるもの


ソース
マヨネーズ

1.洗う必要のある野菜は洗い、それぞれ切る
2.粉と水を、「割ともったりする」割合で混ぜる
 (後で入れる野菜についている水分でちょうど良くなる)
3.野菜と粉がなじんだら、フライパンに火を付けて油を入れる
4.フライパンがあたたまったら、生地を小さな固まりになるようにして、
 フライパンに並べる
5.片面に焼きいもがついたら、少量の水を入れてフライパンの蓋をして、
 少し蒸し焼きにする
(焦げないよう火加減に注意する)
6.様子を見ながら全体に火が通るようにする
7.冷めたらソースとマヨネーズを合わせたものをつけてお弁当箱へ

※ワカメやしらすを入れる時は、ソースではなくて、
ポン酢をフライパンのなべ肌に回しかけて、
おやきとからませても美味しい。

または、生地に塩を入れてから焼けば、そのままでも。
味付けはお好みで。

よかったら、参考にしてくださいね。