先日パステル画の公開教育講座に参加してきました。

『パステル画』と聞いても、どんなものか全く想像がつかないまま参加したのですが、
小さなブロック状のパステルにコットンを擦り付けて色を移し、
そのコットンをクルクルと優しく葉書に載せていくと、淡く優しい色が広がります。

使う色は赤系2色、黄色系2色、青系2色で全ての色を表現するのだそう。
水の青の上に光の黄色を優しく載せた瞬間、その色は草木の緑へと変化します。
淡く、それでいて深いその色合いが生まれるとき、心がじわっと暖かくなるのを感じます。

私は一瞬でその色合いに魅せられてしまい、描きながら心が洗われていくような感覚になりました。

パステル画を見ているだけでもうっとりするのですが、
描きながら色が響き合い変化していく様を感じることがとても心地よく、癒される時間でした。

講師の方の説明通りに描いていくだけでとても美しい作品に仕上がるのですが
同じように描いていても1人1人違った作品になり、それを見比べるのもまた楽しい時間でした。

今回このパステルを購入しましたので、家でも子供と一緒に描いて見たいと思います。

(在園保護者 柏木実果)