幼稚園のお庭は、きちんとお手入れがされていて
季節ごとに咲くお花を子どもたちは
見て楽しむだけでなく
遊びに取り入れて楽しんでいます。

お部屋の中にも、ところどころにお花が飾られています。

そんなこともあってか、
子どもたちはどこに行っても、お花を摘むのが大好き。

道端に咲くお花だったり、公園に咲くお花だったり、
出かける先で小さなお花を見つけては、喜んだり。

お星さま(年少)のときには、やみくもに摘んでいましたが、
だんだんと、上手に摘めるようになっていきます。

小さな手に握られた、かわいいブーケは
何度見ても感心してしまいます。

おかげで、家の中もちょっと華やかに。

写真は、公園で遊んでいたときのもの。
一番左は小学2年生のミニブーケ
羊毛で結んでいるところは、さすが…

後はお月さま(年中)のもの。
それぞれの個性が出ているようです。

「お母さんに持って帰るんだー」と笑顔の男の子、
大事に持って帰っていましたよ。