6/24(土)に公開講座「親子でシュタイナー幼稚園を体験してみませんか?」を開催しました。

時々爽やかな風が吹くとはいえ、初夏の晴天に恵まれたこの日…じんわりとした暑さの中9組の方々が参加して下さいました。

園舎の1階ではワークショップやお子さんの遊べるスペースを用意しました。

密蝋粘土のカタツムリ作りや羊毛ボール作りといったワークショップは、大人が思わず夢中になってしまったなんていう方も(笑)

子ども達が作ったカタツムリを持ち帰って。手前の小さな赤ちゃんカタツムリは、家にあったもので追加

子供が自由に遊べるスペースでは「全て目新しい物で、子供が思い切り楽しんでました!」と目をキラキラさせたお母さまの笑顔が印象的でした。

また、小さなお子さん達が抱っこ紐を身につけてお人形を抱えている姿はとても微笑ましく、思わず目でおってしまいます。

2階では子供達の日常風景や手仕事作品の展示、普段のおやつの試食や手作り品(シュタイナー幼稚園の遊び道具)の販売も行いました。

おねだりして買ってもらった虹色に染まったエコバッグと、小人のブローチをさっそく。摘んだ小花も一緒に。

おやつの試食ではきびがゆを気に入っておかわりをしてくれたお子さんや、ご両親の分まで食べちゃうほどにパンを気に入ってくれたお子さんも…

お庭には先生手作りの遊具(切り株の階段を使って橋を渡り…最後は滑り台!)も用意されています。

お腹をパンパンに膨らませてお庭に飛び出す姿は健全そのもので、光をいっぱい浴びて季節と交じり合う姿はとても眩しかったです。

お腹も心も満たされた頃には人形劇「ガラガラドン」が始まりました。

さっきまで元気に遊び回っていた子供達も、木笛の音に導かれて静かなお話しの世界へ浸っていきました。

園舎も庭も行き来自由な体験会、人形劇以外はそれぞれのペースでゆっくり満喫していただけるようになっていました。

約2時間の体験会。

ほんの一時の出会いでしたが、皆さんとお話しする機会を頂き、それぞれの方の言葉や表情、キラキラした目が私の中に焼き付いています。

暑い中、お忙しい中来てくださった皆さま…本当に、ありがとうございました。

そして、これを機にまた園に足を運んで頂けたら嬉しいです。

このご縁が皆さまそして私達の中に広がっていきますように。

(在園保護者 受付 須山こずえ)