子どもの生まれた日

私たちの元へ、大きな喜びとともに
やってきてくれた、大切な日を
幼稚園でもお祝いしてくれます。

お誕生日会は、お母さんが季節の果物でつくった
ジャムを朝持って行きます。

お陽さま(年長さん)達が手伝ってくれて
焼いたクレープ生地に
そのジャムを乗せて、みんなでいただきます。

同席する親たちは、「おいしい!」の声が上がると
ほっと、しますが

自分の子は、「お母さんのジャム」を
みんなが喜んでくれることがまた嬉しいようです。

毎年、 自分の子どもの誕生日が近づくと
ジャムを作ることが恒例となり

卒園した今でも
「そろそろ誕生日だからジャムを作ろう」と、
思うようになりました。

幼稚園で過ごした時間や習慣が
家族の時間を豊かにし続けてくれています。